読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中馬哲朗の浦和レッズ大好き!

今シーズンもチャンピオンになれなかった浦和レッズでしたが、来季に向けてどのようにするかは、これからの課題であると思います。

気になる選手のコメントを紹介しますね!

 

○柏木 陽介
「毎年こういう舞台で勝てないことに自分のふがいなさを感じている。今日はヒガシ(東口)が当たっていたし、いつもレッズ戦は当たっているイメージがある。決定機を何度か阻まれた。前半から良いサッカーができていたけど、正直ヒガシが当たっていたからそれに尽きるかなと。終盤にもチャンスを作れたけど、そこで点を取れなかった。そういう勝負弱さががあったのかなと。アクシデント的に丹羽のバックパスから気が緩んだ瞬間にやられてしまった。サッカーの内容で負けたとは一切思っていない。でも負けたから何も言えないけど、ガンバに負けるのは非常に悔しい」

 

○宇賀神 友弥
Q:試合の入りについて、いつもどおりのような形で入れたのか、ビッグゲーム特有の入り方になったのか、どう感じていますか?
「いつもどおり入れたと思うし、自分たちの形はたくさん出せていた。東口選手のビッグセーブがあったけど、決め切れないとこういう展開になる。決定力を欠いたし、運の部分も自分たちに向いていなかった」

 

○武藤 雄樹
「負けてしまったので、ポジティブな要素はまったくない。今回のレギュレーションで言えば、この最後のチャンピオンシップで勝ったチームが優勝でそれを狙っていたし、それを獲れるだけ力はあったと思う。今日の試合もいつものことと言えばいつものことだけど、攻める時間が多い中でカウンターで決められてしまった。だからこそ僕が決定機を決められなかったことを含めて、残念な結果だった」

 

○槙野 智章
「シュート数も多かったし、ボールの動かし、ゲームの主導権を握るべく、球際など、局面でG大阪を上回っていた。今日は結果だけ、相手を上回れなかった」

 

○阿部 勇樹
「一発勝負は結果がすべてなので、どんな内容であれ、決勝に行けずに悔しい。大勢の方が来てくれた中で結果を残せず申し訳なかった。結果がすべてなので、勝ったチームが次のステージに行く。残念だし、悔しい。1-1に追い付いて延長になって、ホームの後押しもあって追い付けて逆転できるチャンスもあった。数少ないチャンスを入れられて負けることも結果だし、受け止めないといけない。次のステージに行くためには何かが足りなかった。何度も言うけど、結果。結果を出す、出さないの世界だし、そういう試合でもあった。結果を出せずに本当に申し訳ない。リーグ戦に関わる大会は終わったけど、天皇杯がだいぶ先にあるのでそれに向けてしっかりとやっていかないといけない。この結果は個々もチームもしっかりと受け入れないと。いろいろなことを言っても、みなさんが分かっているように結果がすべて。これ以上何も言えることはない。結果を出せるようにしないといけないし、結果を出せずに悔しい」

 

来シーズンに期待もありますが、天皇杯に向けて調整して欲しいですね!