読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中馬哲朗の浦和レッズ大好き!

武藤 雄樹(むとう ゆうき、1988年11月7日 - )は、神奈川県座間市出身のプロサッカー選手Jリーグ ディビジョン1浦和レッドダイヤモンズ所属。ポジションはフォワード。日本代表。

 

流通経済大学1年の時にJFLで15得点を獲得してJFLの得点ランキングで5位となった。また4年の時には主将として関東大学リーグで得点ランキングで2位となり、ベストイレブンとベストヒーロー賞を獲得した。

2011年ベガルタ仙台に入団。2011年10月8日の第91回天皇杯の2回戦ソニー仙台FC戦で決勝点となるペナルティキックを決めてプロ初得点を決めたのに続いて、翌週の10月15日のJ1リーグアビスパ福岡戦でリーグ戦初得点を決めた。

2014年12月12日、浦和レッドダイヤモンズへ完全移籍することが発表された[2]。4月19日、第6節の横浜F・マリノス戦で移籍後初ゴールを決めると、2シャドーの一角としてレギュラーに定着した。 2015年6月3日の柏レイソル戦で、公式戦4試合連続ゴールを記録。浦和では福田正博エメルソン田中達也ワシントンに並ぶ記録となった。6月20日ヴィッセル神戸戦で梅崎司の先制点をアシストし、1stステージ優勝に大きく貢献した。7月23日、東アジアカップ2015に出場する日本代表メンバーに初選出された。8月2日の北朝鮮戦で代表初出場を果たし、初得点も決めたがチームは敗れた。8月22日、古巣のベガルタ仙台と対戦して今シーズン10得点目をあげた。